葬式でのお手伝い

葬式に出ることになったら、置かれている立場によっても自分にまかされる仕事がある場合もあります。近所の隣組であったりすると、受付の手伝いをすることになったり、職場関係の人では会計を手伝うことになったり、その時によっても違います。
また、親やきょうだいなどの近しい関係にある人の葬式では喪主をつとめることになったりすることもありますし、お世話役の代表になることもあるかもしれません。ですから、依頼を受けたらできる限りしっかりとつとめるようにしたいものです。
お手伝いをして終了したときにはきちんと葬式が終わったときの安心感もあったりするのですが、遺族から会食などを招待されることになるでしょう。近所などで一部だけのお手伝いではお弁当などをいただくこともあります。
地域によっても違うのですが、隣人や職場の関係者としてお手伝いを依頼されることもあるので、そういった時には気持ちよく受けるようにするといいでしょう。