葬儀のそれぞれの作法

葬儀には、仏式、キリスト教式、神式があります。それぞれ、参列する際の作法が違います。
まず、仏式の葬儀の際には、拝礼用の数珠を持参し、故人の冥福を祈ります。合掌する際には、両手の親指と人差し指の間に数珠を掛けて、軽く抑えます。焼香する際には左手にかけ、左手で拝みながら右手で抹香をつまみます。
キリスト教の際には、焼香の代わりに献花を行います。葬儀の最後に会葬者が棺の前に出て、白い花を捧げます。受け取り方は、両手で花を受け取って、右に来るように持ちます。そして、棺の前で一礼をし、茎の部分が霊前に向くように静かに置いた後、祭壇に一礼をして黙とうします。
神式では
手を清めてから席に着きます。仏教の焼香に当たるのは、玉串奉奠というものです。四手と呼ばれる紙片を付けた榊の小枝を神前に供えて、二礼、二拍手をし一礼をします。拍手とはいっても、音を立ててやってはいけません。打つ寸前で止めるしのび手という方法で行います。