葬儀に用いる写真はどのようなものが良いか

愛する家族が亡くなるととてもつらいものです。しかし、そんな悲しい中でも葬儀の準備を行う必要があります。葬儀は、葬儀会社の方に依頼するなら段取りよく行ってくれます。しかし、遺族も行わなければいけないことがいろいろあります。その一つが遺影写真を選ぶことです。故人がうつっている写真の中から最もふさわしいものを選ぶ必要があります。では、どのようなものがふさわしいのでしょうか?それは、少し微笑んでいる表情のものが望ましいでしょう。遺影写真が少し笑顔であれば、葬儀に列席している人たちも癒されます。もし、笑顔の写真がないのであれば、故人の顔がはっきりと写ってできるだけ最近の写真を選びましょう。目をつぶっている写真やあまりにもぶれている写真は用いないようにしましょう。故人の中には、自分が亡くなった時に遺影写真として用いてほしい写真をリクエストする人もいます。そういう写真があれば、遺族はその写真を用いましょう。