葬式後の遺骨の供養

葬式をすませたあとで、式場を出棺したご遺体は火葬場へと向かい、火葬に付されますが、家族や親族での骨上げをして、遺骨がまた式場や寺院、自宅に戻ってくれば、そこでやはり法要が行われるものです。この場合、後飾りとよばれる祭壇をしつらえ、お骨とともに、ご位牌や遺影の写真を安置することになります。この法要は宗派によって微妙に名称が異なりますが、ともかくも法要が終われば、こんどは精進落しとして、僧侶や葬式を手伝ってくれた人々をまねいた飲食が行われるというのがふつうです。なお、僧侶のほうに予定があって、参席できないということもありますが、この場合は料理とともに車代、お布施などをお渡しするというのが一般的な取り扱いということになります。このように、葬式そのものが終わったとしても、一連の供養のための行事というものはまだつづいていると考えたほうがよいため、しっかりと日程、準備すべきものなどを確認したほうがよいでしょう。