偲ぶ会の特徴や供養

PR|介護のシューズおすすめはこちら
最近では、大切な友人や家族が亡くなった際に、親しい人々が集まってお別れをする偲ぶ会が数多く開催されるようになりました。こうした会では、お葬式よりもより気軽に参加しやすいカジュアルなテイストが主流となっています。故人との楽しかったエピソードや思い出話をそれぞれ語り合うことによって、気持ちに整理をつけるきっかけともなります。
また、偲ぶ会では、懐かしい同級生や同僚たちが集まることでより一層亡くなった人への気持ちが高まり、供養ともなるのです。列席者全員が笑顔で故人を送り出せるように、あえて偲ぶ会という形態にしている遺族も増えています。供養の形は年々多様化してきているといえます。個性的な葬儀やお別れ会なども多く見られます。

特定の宗教に属していない場合や核家族の場合、新たにお寺にお願いするか若しくは無宗教にて葬儀を行います。近年では無宗教葬が注目されており、故人の好きな音楽をかける音楽葬、お花をたくさん飾るアレンジ葬、など自由に葬儀を行うことができます。主に家族や故人と親しい人、友人のみで行う場合に適しており、故人をゆっくりと皆で見送るメリットがあります。
無宗教葬を行う上で注意するのは、すでに菩提寺がありその菩提寺に納骨する場合です。この場合自分の好きに葬儀を行ってしまうと菩提寺から納骨を断られてしまったり、もう一度その菩提寺にて葬儀を行ったりする必要が出てきてしまいます。事前に自分や故人の考えをお寺に伝え、相談をしておくようにすると良いでしょう。

<PR>英語上達の秘訣 / マッサージのリアル口コミ.com / 女性向けエステ.com / GetMoney / クレジットカードの即日発行じゃけん / アフィリエイト相互リンク / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の選び方 / 内職 アルバイト / 英語上達の秘訣 / 生命保険の口コミ.COM / 住宅リフォーム総合情報 / JALカード / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 超SEO対策